タイミング法と病院

卵胞チェックはいつ行く?タイミングは?

病院で卵胞チェックをするとより細かく排卵日を予測することができます。

妊活うさぎ
妊活うさぎ
卵胞チェックっていつ行ったらいいの?

この記事では、卵胞チェックでわかること、いつ行ったらいいか、タイミングはどう合わせたらいいかについて、私の経験を踏まえてお話ししたいと思います。

卵胞チェックで何がわかるの?

まずは卵胞チェックがどういう検査なのか説明します。

卵胞の大きさ、内膜の厚さがわかる

卵胞チェックとは、膣から器具を入れて超音波で卵胞の大きさを測る検査です。

卵胞は生理が始まった時からだんだん大きくなり、20mm前後になると排卵します。

卵胞とは、卵子が入っている袋のような組織です。
卵胞が成熟すると卵胞から卵子が飛び出し、これを「排卵」といいます。
排卵した卵子と精子が授精して受精卵となり、子宮内膜に着床すると「妊娠」が成立します。

ということなので、卵胞の大きさが15mmなら「排卵はまだまだ先だねー」となるし、
20mmなら「明日あたり排卵しそうだから今日の夜タイミングを取って」と医師に言われると思います。

ただし、排卵する人によってそれぞれだし、卵胞が大きくなるスピードも人それぞれなので、医師だからといって確実に予測できるわけではありません。

他に、子宮内膜の厚さもわかります。子宮内膜の厚さは着床する際の重要なポイントなので、これもお医者さんがチェックしてくれます。

卵胞チェックはいつ行くのがいいの?

卵胞チェックに行くタイミングも大事です。卵胞チェックを排卵予測に有効活用するために、押さえておきたいポイントを紹介します。

自分が予測する排卵日よりも2-3日前に!

妊娠するためには排卵の前にタイミングを取らないと意味がありません。
だから、排卵してから卵胞チェックに行っていては遅いのです。

そのために、自分が予測するよりも2-3日前には卵胞チェックに行きましょう。「まだまだだよ」と言われたらまたその2-3日後に行けばいいのです。

卵胞チェックに何回も行った方が予測が正確になる!

医師によっては、お金がかかることを遠慮してなのか、卵胞チェックに来ることをあまり指示しないことがあります。
私が通っていた医師がそうでした。
「排卵は2日後かなー?じゃあまた来月もこれくらいの時期に来てねー」
というような感じで、本当に2日後で排卵日が合っていたのか、そうじゃなかったのかがわかりませんでした。

そんな診察が続いていたので、
「じゃあ、2日後にまた来て排卵済みかチェックしてもらっていいですか?」
とこちらから提案しました。

すると、実際はまだまだ排卵は先だった、なーんてことがありました。
面倒ですが何回も行った方がより確実な排卵の予測ができます。
医師があまり熱心に勧めてくるタイプでない場合、自分からガンガン攻める姿勢でもいいと思います。

排卵済みのチェックもすると確実!

排卵したかどうかも卵胞チェックでわかります(袋が破れたようなのが見れるそうです)。

排卵したかどうかがわかれば、次の周期の排卵予測の参考になりますので、ノートなどに記録しておくといいです。

卵胞チェックとタイミングの合わせ方は?

卵胞チェックに行くと医師から排卵予測を教えてもらえますが、その通りのタイミングを取っていて大丈夫なのかどうかって気になりますよね?

妊活うさぎ
妊活うさぎ
卵胞チェックの排卵予測って正確なの?

卵胞のサイズ自体は超音波で測るので正確です。
でも、その卵胞の成長スピードは人によって違うし、卵胞のサイズがどれくらい大きくなったら排卵するかもその時によって違います。

だから、医師が予測した排卵日が絶対ではないし、逆に排卵日が違っていたからといってその医師が間違いを言っているというわけでもありません。

結局は正確な予測はできないので、排卵検査薬など他の方法も併用して予測するのが一番だと思います。

卵胞チェック、排卵検査薬、基礎体温がバラバラな場合

卵胞チェックと排卵検査薬と基礎体温から予測される排卵日が全てバラバラなこともあり得ます。

その場合、正確さは

卵胞チェック > 排卵検査薬 > 基礎体温

の順です。

でも、どの予測が正確かにこだわるよりも、少しでも可能性のある日に満遍なくタイミングを取ることを優先した方が、妊娠の確率は上がります。

まとめ・卵胞チェックは排卵予測の強い味方!

卵胞チェックは排卵予測の強い味方であることがわかっていただけましたか?

自己流の妊活で、まだ卵胞チェックに行ったことがない方は、ぜひ一度試してみてください。

管理人
管理人
有効活用して妊娠に向けて一歩進みましょう!