タイミング法の体験談

妊娠した時の基礎体温とタイミングの関係を徹底分析!

「はぁ、また下がっちゃった…。」

毎日体温計を見ては期待したり落ち込んだりを繰り返していた日々。
妊娠した人の基礎体温を検索しまくって参考にしていました。

基礎体温の変化は人によって違うし、正確に測れているとは言い切れないけれど、
私が妊娠した時の基礎体温も誰かの参考になったらなと思うので紹介します。

基礎体温が下がった日とタイミング、低温期と高温期の特徴について分析しています。

妊娠した時の基礎体温グラフとタイミング

ハートマークが性交したタイミングです。

妊娠した時のタイミングを分析

体温がガクッと下がった日の3日後だった!

  • 12日目 体温が下がる(35.8度)
  • 15日目 1回目のタイミング
  • 17日目 2回目のタイミング

体温がガクッと下がった3日後と、5日後にタイミングを取りました。

というのは、この周期の時はもう基礎体温はあまり当てにしてなくて、排卵検査薬の結果をもとに排卵予測してたからです。

妊活うさぎ
妊活うさぎ
ガクッと下がる日の2日前じゃないの?

よく、「体温がガクッと下がる日が排卵日で、その2日前が妊娠しやすい日」と言いますよね。
私の場合はそれが全く当てはまりませんでした。

基礎体温から排卵日を予測していた数か月は何だったの?って感じです(笑)。

管理人
管理人
基礎体温は参考程度にとどめよう!

妊娠した時の基礎体温の特徴

低温期がガタガタでも妊娠できた

低温期を見ると、グラフが見事にガタガタです。
それでも妊娠できました。

ずっと低温期がガタガタなのが気になっていたのですが、気にしたくてもいいかもしれませんね。

高温期の二段上がりがあった

妊娠した周期は高温期が二段階で温度が上がると言われています(俗説?)。

私のグラフを見てみると、23日目から26日目までが体温が停滞していて、27日目でグンと温度が上昇しています。

やっぱり2段上がりってあるんですね。

低温期から高温期までの移行が長いけど妊娠できた

以前から、低温期から高温期に移行するまでの期間が長いことが悩みでした。
婦人科の先生に聞いても問題ないとは言われていましたが、
理想とされる基礎体温のグラフはたいてい一旦体温が下がったら1日でグンと温度が上がっています。

今回のグラフでいうと、基礎体温がガクッと下がった日(12D)から体温が完全に上がりきった日(18D)まで、実に7日間かかっています。

これだと排卵日の予測が難しいんですよね。私と同じような体質の人はこれでも妊娠できると安心してください。

まとめ

私が妊娠した時の基礎体温のグラフと、妊娠したタイミングを紹介しました。

改めて基礎体温グラフとタイミングを分析してみると、基礎体温から排卵日を予測するのは難しい(当てにならない?)んだなぁと思います。

排卵検査薬での排卵予測の方が信頼できると思います。排卵検査薬は海外製の方が安くておすすめですよ。

妊娠した時の排卵検査薬とタイミングの分析はこちらです。

管理人
管理人
こちらも参考にしてくださいね!