タイミング法の次のステップって何?人工授精?

更新日:

妊活うさぎ
タイミング法の次のステップって何だろう?

自己流のタイミング法だけではなかなか妊娠しない…。そろそろステップアップするべき?タイミング法の次のステップって何だろう?

妊活中はいろいろと疑問が沸いてきますね。周囲の親しい人間に不妊治療の経験者もなかなかいないですし。

タイミング法の次のステップについて説明します。

タイミング法の次のステップ

まずは誰でも自己流でタイミング法をはじめますね。

自己流でなかなか授からなかったら、いよいよ病院へ行っての治療を進めた方がいいです。

  1. 自己流タイミング法
  2. 病院で卵胞チェック&タイミング指導
  3. クロミッド&排卵誘発剤の注射
  4. 卵管造影検査
  5. 人工授精
  6. 体外受精
  7. 顕微授精

3番と4番は順番が入れ替わることもあります。

自己流タイミング法はこのサイトで詳しく紹介していますので、2番以降を詳しくどんな治療が行われるのか説明します。

卵管造影検査

卵管に造営液を流し込み、卵管の詰まりがないかを検査します。

卵管がきちんと通っていれば、注入した造影剤がお腹までスムーズに流れていく様子がレントゲンで確認できます。逆に卵管に何かしらの問題があると、造影剤が通過せず、途中で止まってしまいます。

造影剤が止まった部分がすぐにわかるので、問題がある部分もピンポイントでわかります。

人工授精

一般的にですが、タイミング法の次は「人工授精」になります。

排卵日に合わせて、精子を直接子宮に入れます。直接子宮に入れる事でタイミングの時よりも多くの精子が子宮に入れ、その分、卵子と出会える精子の数を増やしてあげようという治療です。

排卵・授精・分割・着床など、流れは自然妊娠と変わりません。

体外受精

人工授精の次のステップアップは、体外受精です。ここから費用が高額になり、体の負担も増えます。

女性の卵巣から排卵間近の卵子を取り出しシャーレ上で精子をふりかけて卵子と授精させます。ある程度授精が進んだ受精卵を、女性の子宮に戻します。

顕微授精

その次が顕微授精です。卵子を取り出すのは同じですが、こちらは精子を直接卵子の中に入れ、授精させます。

体外受精でうまく受精卵ができなかったり、重度の男性不妊の場合に適応になります。

まとめ

タイミング法の次のステップについて紹介しました。

不妊治療でステップアップするのは勇気が入りますよね。人工授精は比較的自然妊娠に近い治療法ですので、そこまでならそんなに怖がらなくても大丈夫です。

管理人
なるべく早く確実に我が子に会いたいなら、早めのステップアップがおすすめです
このページが参考になったらぜひシェアしてください。励みになります♪

-タイミング法と病院

Copyright© タイミング法で妊娠したコツ体験談・情報ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.