タイミング法の病院は不妊専門クリニック?産婦人科?婦人科?どれがいい?

投稿日:

妊活うさぎ
今度、初めて病院へ行ってみようと思うんだけど、どんな病院がいいの?
管理人
それはね、自分に合った病院が一番だよ!

初めて不妊治療で病院を訪れる時、どこの病院に行ったらいいか迷いますよね?

  • やっぱり不妊専門のクリニック?
  • 総合病院の婦人科でもいいの?
  • 近くには産婦人科しかないんだけど…?

私は不妊専門クリニック、婦人科のみ、産婦人科、どれも通ったことがあります。

そんな私が伝えたいことは、

病院の規模よりも、お医者さんの人柄の方が大事!

ということです。私の体験談から、不妊専門クリニック、総合病院の産婦人科、婦人科、それぞれのメリットデメリットを紹介します。

不妊専門クリニックのメリット・デメリット

メリット

  • 不妊専門なので話がスムーズ
  • 高度不妊治療(体外受精など)へ進める

デメリット

  • 混雑していて待ち時間が長い
  • 冷たい医者が多い(?)

不妊治療専門クリニックには、まだ本格的に不妊治療を始める前、婦人疾患を持っていたのでその状態を診てもらおうと思い随分前に行きました。

女医さんだからと選んでそのクリニックにしたのですが、性格がとてもキツかったです^^;

医師が言っていることが理解できずに口ごもっていると、

「質問されたことにだけ答えて!」

と一喝され、私は半泣きに。その病院へは二度と行きませんでした。

クリニックの医師がどこも冷たいというわけではもちろんないと思います。

でも、他の不妊治療専門クリニックに通っていた私の友人も、

「こちらから質問できる雰囲気じゃないし、毎月の診察が苦痛で1年通ってたけどやめちゃった。クリニックをやめたらすぐに自然妊娠したの。クリニック通いがストレスだったんだね」

なんて言っていて、専門クリニックは冷たい医師に当たることが多いのかなと思いました。

理由を考えると、不妊治療専門クリニックは少ないので、必然的に患者が集中して忙しく、それで医師もいら立ってしまうのかなと思います。

総合病院の産婦人科のメリット・デメリット

メリット

  • どこの地域にもあるので通いやすい

デメリット

  • 不妊治療に詳しくない医師の場合もある
  • 妊婦さんと待合室が同じ

やはり産婦人科だと妊婦さんをたくさん見るのでそこが辛いなと思います。

総合病院の婦人科のメリット・デメリット

私が最終的に妊娠した時の不妊治療をしていた病院は、総合病院の婦人科でした。

元々は産婦人科だったのですが、人員不足のために産科が無くなり婦人科のみになりました(妊娠中期までは検診が受けられるけど)。

そのため人が少なく、たいてい予約通りに診察が受けられました。

メリット

  • 人が少なく待ち時間が長くない

デメリット

  • 高度不妊治療(体外受精など)は受けられない

女医さんでしたがサバサバした性格で質問もしやすかったです。

結局どんな病院がいいのか?

不妊治療、特にタイミング法は医師との意思疎通が大事です。

医師に「○月○日が可能性が高いのでその日にタイミングを取ってください」と言われた時に、

「その日は主人が出張で出来ないので、1日前か1日後だったらどちらが可能性が高いですか?」

と聞けるか、

「あ、ハイ…(怖くて質問できなかった)」

となってしまうかで、妊娠できる可能性はかなり狭まってしまいますよね。

妊活中はストレスも大敵です。病院に通うのを辞めた途端に自然に妊娠した、という話しもよく聞きます(私もそうでした!)。

まとめ

タイミングで不妊治療をする場合、どんな病院に行けばいいのかについて、私の考えをお話ししました。

私は病院の規模や治療実績、治療内容も大事だとは思いますが、一番は「医師との相性」これに尽きると思います。

一度その病院へ行ってみて、合わないなと思ったらすぐに病院を変えることをおすすめします。

このページが参考になったらぜひシェアしてください。励みになります♪

-タイミング法と病院

Copyright© タイミング法で妊娠したコツ体験談・情報ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.